建設業の税理士選びのポイントとは

いざ、税理士さんを頼もうと思ったり、税理士さんを替えようと思ったときに目安がなければこまります。

建設業の方が「失敗しない税理士選びをするときにチェックすべき3つのポイント」をみていきましょう。

ポイント1:「なんでもできます」は要注意

税理士事務所はどこも同じというわけではないことをご存じでしょうか?

税理士といっても得意・不得意の分野があります。

「なんでもできます」というのは無理があります。

「税理士=税金の専門家」だからといって、すべての税法を理解している人は少ないと思います。

当然この業種は見たことがないという場合もあります。

電話や面談でお話ししたときに、「なんでもできます」という場合には注意しましょう。

ポイント2:建設業の税務調査経験はあるかを確認

記帳代行会社や行政書士さんの経理代行と税理士さんとの大きな違いは「税務申告」「税務相談」「税務調査対応」です。

税務調査の経験がない場合、どんなところが税務調査でチェックされるかわからないケースがあります。

税務調査でチェックされるポイントを考えないまま経理を進めてしまうとリスクを高めてしまいます。

特に建設業の税務調査経験がある税理士さんの方が頼りになります。

ポイント3:建設業の顧客数の多い税理士さんの方がベター

税理士さんも場数が重要です。

税務調査の経験数というわけではなく、建設業のお客様にどれだけ接してきたかということです。

建設業のお客様が多ければ、建設業特有の経理や銀行融資の経験も豊富になります。

経理の仕方についても、建設業に慣れている方が効率的に処理が可能になります。

よりよい税理士さんを選ぶ3つのポイント

建設業の方にとって、よりよい税理士さんを選ぶための3つのポイントについてもみていきましょう。

ポイント1:話がしやすい

昔「税理士さんに怒られる」という話をされる方がいらっしゃいました。

話を聞くと、間違ったら税理士さんに怒られるそうです。

わからないことがあって聞こうにも、怖くて聞けないということでした。

これは極端な例ですが、話がしやすいということは非常に重要です。

話がしにくい場合、お互いの情報共有がしにくくなります。

取引の内容の確認や経営的な話など、かしこまってするよりも自然なコミュニケーションの中で出てくる方がよいのです。

奥様が経理をされる場合には、この「話しやすい」ということはストレスコントロール面でも重要です。

ポイント2:説明がわかりやすい

税金は独特な世界です。

残念ながら税金について調べると「?」だらけになるほど、わかりにく日本語で書いてあります。

国税庁HPで調べ物をしていても、わかりにくく感じることもあります。

条文や通達といったものは、読もうと思っても本当にわかりにくいです。

税金がわかりにくいから、税理士さんに頼んでいるのです。

税理士さんの説明もわかりにくければ、税務署に行くのと一緒になってしまいます。

ポイント3:料金プランがわかりやすい

なんだかわからないけども、月○○万円という税理士事務所もあれば、細かく料金プランが設定されているところもあります。

税理士事務所の料金設定が自由化されたので、どちらとも問題はありません。

建設業のお客様の場合には、依頼する業務が明確になになっているケースが多いので細かくプランの打合せができた方がよいと思います。

なんでもお任せで任せると高い顧問料になります。

自分でできることは自分で処理をする方が税理士料金は低くなります。

例えば、給与計算や経理は自社でやることで毎月の税理士料金を低くするということもできます。

まとめ

建設業の方にとって税理士さんは会社と社長を守ってくれるビジネスパートナーです。

社長の家族と会社を守るキーパーソン選びはしっかりとおこないたいところです。

税理士選びで一番重要なことは「相性」だと思います。

「話のしやすさ」や「説明のわかりやすさ」というものも相性がよければ簡単にクリアできるものです。

逆に相性が悪ければ何を言われても「入ってこない」ものです。

メールでのやりとりだけでは相性はわからないので、最低でも電話、できれば一度会ってお話ししてみることをお勧めします。

不思議なもので税理士さんとお客さんの仲がよく、一緒に食事に行ったり飲みに行ったりすることもあるのです。

それは社長と税理士さんの相性がよく、税理士さんは社長や会社を一緒に守っていくという姿勢があるからだと思います。

 

PAGE TOP